立ち読みコーナー
目次
264ページ
第1章 清楚な女教師の妖しい悪戯       7
第2章 リア充叔母さんの性技指導       51
第3章 幼馴染みママの爆乳搾り        92
第4章 牝堕ち先生の猥褻授業         134
第5章 禁断の母娘アナル交姦         179
第6章 ハッピーハーレム誕生会        221
 女教師の言っている言葉が、少年にはまったく理解できない。
「冨永くん、大きくなったおち×ちんの使い方を知っている?」
「大きくなったおち×ちんの使い方?」
「そっか、勉強のできる冨永くんでもまだ知らないのね。中学校になれば保険体育の授業で教えてもらえることよ。でも、冨永くんにはわたしが教えてあげる。まあ、それはおいおいってことで……」
 紀子の手はさらに肉袋にまで伸びた。
「ああ、タマタマがちゃんと二つある。この中に冨永くんのザーメンが詰まっているのね」
「ザーメン?」