立ち読みコーナー
目次
296ページ
プロローグ               7
第1章 エッチな刺客は男の娘!?     37
第2章 肉食系ギャルJCの襲来     91
第3章 媚薬を牛耳るエロ生配信者    138
第4章 秘蜜のチューボーハーレム    184
第5章 可愛い妹にスパルタ性教育!   223
エピローグ               269
 空也の抗議は、生々しい義妹の手淫の悦楽で封じられてしまう。
「エッチなお汁、だらだら垂れ流して。もう少しでイっちゃうんだよね。ほらほら、このまま出しちゃっていいよっ」
「ううっ、やめろって。やっぱりここで出すのはマズいだろ」
「大丈夫だって、今なら、誰もいないから」
 そう言われて空也は外を見た。ガラス戸の向こうは吹き抜けのロビーで、幸い誰もいない。
 だが多くの女生徒が暮らしている寮だ。誰かが突然やってきても不思議はない。
そう思い至ると、管理室内に響く紘香の生々しい手コキの粘音がいっそう大きく、卑猥なものに感じられてしまう。