立ち読みコーナー
目次
288ページ
第1章 フェリーの一夜            7
第2章 女子大生 夜の阿波踊り        54
第3章 再会の道後温泉            103
第4章 湯布院温泉と温泉研究家        149
第5章 武雄温泉 女子会の一夜        194
第6章 結婚式での再会            243
「もっと飲みたい?」
 恵がガウンの襟元に手をかけて、左右に開いた。
 ガウンの下はブラジャーも何もつけていない。白く大きな乳房があらわになる。
 ツンと上を向いたお椀形のバスト、その先端にある乳頭は鮮やかなピンクだ。
「おっぱいを舐めてくれたら、お水を口移しであげる……」
 恵がしかけてきた。
「人が来たらどうするんですか」
 興奮で声がかすれる。啓太の目は白い乳房に釘づけだ。
「その時はその時で考えましょ」