立ち読みコーナー
目次
272ページ
第1章 楽園を蹂躙するモンスター         7
第2章 甘美なトリプルアタック          50
第3章 聖夜のサンタガール            99
第4章 姫はじめは3Pで             143
第5章 晴れ着とバイブと緊縛と          185
第6章 夢のハーレム同棲生活           228
「ひぃぃぃ……オマ×コが捲れちゃう」
「お、奥におち×ちんが届いている……、子宮が揺れちゃっている……」
「おっきいい……史晶くんのおち×ちん、大きいの……」
 三人とも背中から尻、そして、太腿をプルプルと震わせて、褐色の肛門をヒクヒクと痙攣させているが、快感に悶えているという感じではなかった。
 いわゆる破瓜の痛みに耐えているのだろう。
 それなのに自分だけ気持ちいいのは申し訳ない気分になるが、史晶は三つの穴の探索を続けた。
(レオナお姉ちゃんも、香織も、葉月も、オマ×コ気持ちよくてやめられねぇ。どのオマ×コも最高!)