立ち読みコーナー
目次
288ページ
第1章 女社長の誘惑          7
第2章 人犬調教            47
第3章 夢想する子犬          81
第4章 太夫針責め           112
第5章 伯爵夫人の恋          126
第6章 上海租界の娼妓         158
第7章 伯爵夫人の決意         208
第8章 最後の女            240
 濡れてほころんだ肛花は襞を完全に収めることができず、次の責めを持っているかのようだ。膣口はもっと溶けてふやけ、内腿にもたっぷりと愛液が広がっていた。
謙三は前穴のぬめりをすくって男根にまぶすと、分厚い尻肉を限界まで広げ、菊門に突き込んだ。
 前触れもなく主に肛姦された牝犬は、高価な石壁に悲鳴を反響させ、頭を反らせた。
 初めて味わう後口は、根元が締まってたとえようもなく気持ちがよかった。馴らした直腸の内部は熱を持ち、ほどよくからみついてくる。本来そのような目的に使うところではない場所を犯している背徳感も、彼の嗜虐心を昂らせていた。