立ち読みコーナー
目次
392ページ
プロローグ                  7
第1章  生け贄の美少女           10
第2章  おぞましき菊門検査         41
第3章  初めての口淫奉仕          75
第4章  アナルパールの快楽         109
第5章  梯子の上の全裸少女         141
第6章  アナル処女喪失           174
第7章  奴隷に堕ちた母娘          207
第8章  くすぐり責めの狂乱地獄       240
第9章  母娘レズクンニ           279
第10章 強烈アナルバイブ責め        308
第11章 前後同時口淫奉仕          340
第12章 悦虐の絆で結ばれた母娘       371
「さあ、穴の中を検査してやる」
 典夫は皺を広げるように菊蕾を揉みほぐすと、中指を立てて窪みの中心に突き立てた。
「あひいっ!……ああうーっ!」
 奈緒の口から悲鳴にも似た喘ぎ声がほとばしり出た。彼女は反射的に肛門の筋肉を締めて指の侵入を阻もうとしたが、男の力にはかなわなかった。ゴツゴツと節くれ立った指は強引に肛門をこじ開け、第二関節を越えるあたりまで侵入してきた。
「あああっ、あひっ、あひいーん!」
「フフフ、よく締めつけてくるな」
 典夫は薄ら笑いを浮かべ関節を曲げたり指全体を回したりした。