立ち読みコーナー
目次
272ページ
第1章 Hカップ熟女の淫靡な痴態        7 
第2章 巨根を操る褐色の少年          47
第3章 ママを寝取られちゃった僕        80
第4章 禁断の母子視姦プレイ          109
第5章 牝犬に堕ちた熟乳ママ          151
第6章 肛肉貫通連続アクメ           198
第7章 甘美な孕ませ3P性活          225
「ふふ、じゃあ、尚太と僕と、どっちが好き?」
 この恐ろしい褐色の少年は、亜美の心の中の戸惑いまで、見抜いているのか。したり顔で、笑いながら聞いてきた。
「ぜっ、絶対に、尚ちゃんよ! あの子より大切なものなんて、この世にないわ……」
 亜美は、声色をはっきりとさせて返事をした。お腹を痛めて産んだ尚太より、大切に思うことなどありえない。
「亜美ママと尚太の、愛はすごいね。ふふ、じゃあ、これはどうかな?」
「あああっ、はああん! ああああっ、奥が、気持ちいいっ!」
 巨大な肉棒で子宮の奥を強烈にピストンされ、よがり狂った。