立ち読みコーナー
目次
264ページ
プロローグ                   7
第1章 濡れそぼった処女の秘唇         19 
第2章 エナメルボンデージ姿の妹        48 
第3章 浴室での処女卒業式           100 
第4章 ケダモノになった兄と妹         163 
第5章 強烈肛虐絶頂の果て           213 
エピローグ                   256
「ぁぁ……ヌルヌルしてるぅ……これが、なんとか液ってヤツなんだよね……?」
 牡の粘液が指に纏わりついたら杏珠はおぞましいはずだ。なのに、かえって愛撫を滑らすまいと力を強め、緩慢なテンポを保つ。
 シコ、シコ、シコ。シコ、シコ、シコ。
 健一は喉の渇きを覚えながら、終わらないもどかしさに耐えようとした。
 しかしその耳に、すがるような響きへ変わった声音が届く。
「ん……どんどん熱くなってきてるよっ……お兄ちゃんのおち×ちんっ……!」
「っ!」