立ち読みコーナー
目次
288ページ
プロローグ                 7
第1章 常夏ビーチでドキドキ射精      19
第2章 若叔母と初めての絶頂セックス    49
第3章 熟義母と禁断の子宮合体       88
第4章 背徳の青姦連続アクメ        129
第5章 甘美な姉妹レズイキ遊戯       170
第6章 僕とママのラブラブ子作り      215
エピローグ                 259
 積極的なフェラチオに、瑛斗と澪まで恥ずかしくなってくる。
「ママのフェラチオって、濃くって、すごくエッチだよね……」
「本当、瑛斗の言うとおり……貞淑そうなお姉ちゃんが、息子のチ×ポ咥えるなんて、あたしまでエッチな気分になってきちゃう」
「そ、そんなこと言わないで……あふ、どういうのがいやらしいかなんて、ママにはわからないもの。んちゅ、ちゅばッ、れろぉ」
 千歳のフェラに触発されて、澪も瑛斗の剛直に舌を這わせた。
二人で舌を大きく突きだして、亀頭をしゃぶりあったり、千歳が雁首を咥えてディープスロートしている間、澪は屹立の根元を舐めしゃぶり、大きなふぐりを啜って、この世のものとは思えない甘美な快楽をプレゼントしてくれた。