立ち読みコーナー
目次
304ページ
第1章 幻肢…………………………7
第2章 断端…………………………33
第3章 処女…………………………57
第4章 誘惑…………………………82
第5章 折檻…………………………107
第6章 音楽…………………………132
第7章 錯乱…………………………156
第8章 切片…………………………181
第9章 打擲…………………………206
第10章 蜜月…………………………230
第11章 刻印…………………………254
第12章 昇華…………………………278
「ねえ、して……」
 悪魔の囁きだった。
 筒井は全身の血が暴れまわるのを感じた。
「して……ねえ」
 里美はもう一度繰り返した。震える声で囁きながら、ぎこちない手つきで勃起を擦っている。
「いいのか?」
 聞くと、里美は小さく頷いた。
 様々な思いが、脳裏をよぎった。一介の義肢装具士が患者とセックスするなど許されることではない。
 だが、答えは最初から出ていた。