立ち読みコーナー
目次
256ページ
プロローグ                 7
第1章 アイドルを夢見る幼い恥体      10
第2章 禁断の淫らな個別面談        52
第3章 童顔巨乳娘のパイズリ特訓      88
第4章 処女膜突破の特別レッスン      129
第5章 淫汁まみれの処女調教合宿      170
第6章 完堕ち美少女肉悦ハーレム      196
エピローグ                 245
 彼女らが着用していたものは超マイクロビキニで、莉奈は純白、紗栄子は深紅、美蘭は濃紺と、色とりどりのセクシー水着が目に飛びこんだ。
 トップの三角布地は乳首を隠しているだけで、乳房の輪郭までもはっきり見て取れる。
 ボトムも同様で、生白い大陰唇と鼠蹊部が剝きだしの状態だった。こんもりした恥丘の膨らみ、くっきりとしたY字ライン、内腿の柔肉が絶妙のコラボレーションを放ち、牡の淫情を煽りまくった。三人は足をぴったり閉じ、俯き加減から手を組んで股間を隠す。きめの細かい肌がみるみるに桃色に染まり、恥じらう姿が獰猛なサディズムを刺激した。