立ち読みコーナー
目次
256ページ
第一章 旅の開放感から姦淫へと導かれ

 ガマガエル課長との泊まりがけの出張で濡れぬれの肉びらを舐められ感じまくって
  吉木香穂 OL・三十歳……………………6
 出張先で足しげく通った小料理屋の女将のあられもない痴態を目にした私は……
  栗原勇樹 塗装業・二十七歳………………26
 彼女と出かけた泊まりがけのバスツアーでバスガイドと濃厚な中出しセックス三昧
  西崎清彦 会社員・五十歳…………………42
 夜行バスで偶然隣り合わせた年上の美人が、眠っている私の股間をまさぐってきて……
  伊藤明夫 会社員・四十二歳………………64

第二章 日常と異なる情景に女陰が疼き

 会社の新人研修の教育係になった私は奥手な男性社員の童貞ペニスを筆下ろしし
  長谷川優子 会社員・四十一歳……………82
 PTA役員の女性と二人きりで視察旅行へ温泉の洗い場で抑えきれない昂りを……
  石森京介 会社役員・四十二歳…………98
 夫の浮気が許せず一人旅へと出かけ、その日出会ったばかりの男に体を開いて
  島野美奈子 主婦・三十三歳………………116

第三章 禁じられた密事にいきり勃ち……

 大型連絡船の二等船室で寝ていた私は見知らぬ男性にお尻をなで回されて……
  庄司歩美 会社員・三十歳…………………132
 少年野球チームの合宿に同伴した私は、若いコーチの絶倫チ○ポにイカされまくり
  板東美沙子 主婦・三十七歳………………152
 ピンチを救ってくれた熟女の自宅に招かれ豊満な乳房でペニスをシゴかれていると……
  坂下照喜 会社員・三十五歳………………168
 ネットで知り合った素人カメラマンと念願の野外露出旅行でたっぷりハメられ
  竹中由香里 主婦・四十五歳………………186

第四章 旅の恥をかき捨て淫らに交わる男女

 義父を労う温泉旅行で奮発した高級旅館の室内風呂で義母と混浴し体をまさぐり合い
  浜本広志 会社員・三十二歳………………206
 一人きりの山登りを若い男性に助けてもらい狭いテントの中で肉槍を迎え入れて……
  増田みどり 主婦・四十九歳………………222
 出張へ向かう列車で天然系美女と知り合い出会ったばかりの人妻の痴態に激しく昂り
  小林勝二 会社員・四十四歳………………240

※投稿者はすべて仮名です
剥き出しになった私のアソコに課長の顔が……

「あんっ、いや……恥ずかしいです、課長……」
 そう言って体をくねらせながらも、私は手で股間を隠そうとはしませんでした。それはさらなる愛撫を求めていたからです。もう完全に私の体に火がついちゃってたんです。
「おお……吉木君のオマ○コ、すごくきれいだよ。淡いピンク色で、愛液にまみれてキラキラ光っているよ」
 熱くとろけた場所に荒くなった課長の鼻息がかかり、その些細な刺激で私の体はピクピクしちゃうんです。
「そ……そんなに近くで見ないでください。はあぁぁん……」
「見られるだけじゃイヤなんだね? じゃあ、舐めてあげるよ」