立ち読みコーナー
目次
288ページ
第1章 屈辱の盗撮動画             7
第2章 愛液まみれのローター          48
第3章 放課後の生徒指導室           103
第4章 X字拘束マンモスバイブ責め       142
第5章 悪魔と奴隷たちの肉宴          183
第6章 肉便器と舐めダルマ           244
 梨々香が乳房から両手を引いていく。するとあらためて、たわわに実った乳房の全貌があらわれた。
 乳首はすでにツンととがっていた。乳輪は透明に近く、とがった蕾は淡いピンク色だ。梨々香にふさわしい乳首の色だった。
「きれいです」
「あ、ありがとう……」
 梨々香は両腕を脇にやったまま、教え子の視線に乳房をさらしている。
「あの、やっぱり……触りたいです」
「見るだけって……約束したでしょう」
「無理です。無理です、先生っ」