立ち読みコーナー
目次
256ページ
第一章 上品な淑女に隠された好色の貌
 あこがれの女性だったママ友が別荘で、二人の男たちとの痴態を見せつけてきた衝撃
   織畠聖子 専業主婦・四十一歳………………6
 義父との情交を見て見ぬふりする夫の前で、アソコの中でうねるペニスを存分に味わい……
   高田涼子 主婦・四十八歳……………………22
 社長と先輩OLとの不倫関係を知ったぼくは、清楚な外見とは裏腹の激しい性欲に晒されて
   園部裕信 会社員・三十歳……………………42
 挑発でその気になった息子の家庭教師に、秘部をかき回されて気持ちよくなった私は
   宮本百合子 主婦・四十二歳…………………58

第二章 被虐感に女壺が恥蜜を溢れさせ
 不倫相手の求めに応じて裸で犬になりきり、極太バイブで責められると牝犬のように喚き
   赤沢奈美恵 主婦・四十五歳…………………74
 電車で何度も痴漢される女性に違和感を覚え、勇気を出して自ら痴漢してみたところ……
   佐藤安彦 会社員・三十一歳…………………90
 クールで有能な美人マネージャーが飲酒後、スパンキングに身悶える変態女に変貌した夜
   南村重忠 大学教授・六十歳…………………108

第三章 激しい欲棒が淫女の本性を暴く
 部下に厳しい女部長の唇を無理やり奪ってやり、胸をもみしだき、太ももを撫でさすると……
   提下隆一 会社員・三十四歳…………………128
 料理教室の生徒を自宅に招き個人授業レッスン料はぶっといペニスでいただくことに
   篠崎美帆 料理研究家・四十七歳……………144
 スポーツジムで知り合ったフィットネス熟女が、激しい突き入れに美しい肢体をのけぞらせて
   西野透 会社員・三十五歳……………………158
 奥手な若者の仲人を引き受け性を手ほどきし、若い男たちのエキスを貪る生保レディの実態
   白沢葉子 パート・五十歳……………………176

第四章 背徳の光景に本能を揺さぶられ
 友人の母親のオナニーを見てしまった私は、口止めの代わりに初体験をさせてもらい
   田中智徳 大学生・二十歳……………………194
 元彼に教え込まれた露出の快感が忘れられず、公園の男子トイレでオナニーに耽っていたら
   佐久良美由紀 会社員・四十六歳……………212
 社員の前では私を怒鳴り散らす二代目社長の、オチ○チンを咥え込み罵倒する倒錯した快感
   小野慶子 会社員・四十二歳…………………232

※投稿者はすべて仮名です
生保レディが女に不慣れな男の性欲を受け止め……

「まだ出しちゃダメ! じょうずに舐めたら、ママの中にずっぽり入れてあげるから」
 うん、うん、と子どもみたいにうなずいた彼に、敏感な突起をベロンと舐められました。
「いいわ、気持ちいい! アア、そのまま続けて、イカせてーっ!」
 私のほうも我慢の限界でした。思いどおりに動くペットのように従順な彼のクンニで、強烈な快感に襲われていったのです。
「潤くんのエッチなお口で、イカされちゃうー、アッ
ハン、もう、ダメェ!」
 心地よさに浮き上がる腰を、ブルンブルンと激しく揺すっても、彼は私の指示に忠実に射精を我慢しながらクンニを続けていました。