立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 美人キャスター屈辱初絶頂     7
第2章 特殊チューブの強烈振動      55
第3章 X字拘束での極太バイブ責め    97
第4章 公開処女喪失ショー        135
第5章 ローションまみれのハイレグ水着  187
第6章 衝撃の女子アナ放送事故      240
エピローグ                268
(ああ……たまらない……)
 秘裂の奥がズキズキと疼き、愛液が流れ出ていくのがわかる。
 カメラを通じて全国に放送されるのを想像して思わず興奮した。
 男たちが素早く美玲のローションに輝く手脚を強く固定した。
「それっ」
 山崎が気合いと共に引っ張ったのは水着の股間部分だった。
「きゃああああ」
 甲高い悲鳴が響く中、股間にきつく食い込む幅の狭い白い布が
さらに縮小し、女の縦筋の形が完全に浮かび上がった。
「いやああ、ああっ、ああああ」
 カメラの前で美玲はマゾの炎を燃やし、全身を仰け反らせた。