立ち読みコーナー
目次
264ページ
第1章 秘密の花園へようこそ     7
第2章 放課後☆ティータイム     47
第3章 キャンディ・ストリッパー   79
第4章 SとMの勉強会        115
第5章 アヌスの純真         161
第6章 それでも世界はまわっている  218
エピローグ              256
「んんおぉ!!」
 絵里菜の新たな刺激に草太は唸り声をあげた。
 その反応を見て、薫子とノエルも加勢する。指のツイスト運動
で肉棒は制御不能に陥った。そして会陰からマグマのような射精
感が迫ってきた。快楽電流は脊髄を駆け昇り、脳天を直撃した。
 ビクッビクッとペニスが踊り、グワッと亀頭冠が巨大化した。
「ああ、もうダメだぁ!!」
 今まで体験したことのようない強烈な快感に襲われた。
 白いマグマが尿道を灼きつつ駆け抜け、ついに先端から迸った。
 ドピュッドピュピュビューー!
「こ、これは白いオシッコ!?」