立ち読みコーナー
目次
320ページ
妖艶な叔母の巧みな舌遣いに誘われ……

 漏れ出た先走り液が優子さんの指や自分の包皮を濡らして、ニチャニチャといやらしい音を立てている。油断すると、すぐに発射してしまいそうだった。
「ダメだよ……まだ出しちゃ……」
 優子さんの舌先が体液に濡れた亀頭に触れたと思ったら、すぐに唇全体でそれを覆い尽くしてしまった。
「うくっ……!」
 優子さんは顔を上下に動かしながら、両手の指でふたたび僕の乳首を刺激してきた。相乗効果で、気持ちよさが何倍にも膨れ上がる。
 そのうえ唇は相変わらず亀頭部分を強く弱く、挾み込んでくる。
 肉体の痙攣に続いて、熱いモノが吐き出された……すべて、優子さんの口の中に。