立ち読みコーナー
目次
272ページ
第1章 おさない同居人 7
第2章 猟奇館の少女 89
第3章 放課後の秘密授業 140
第4章 誘惑少女の処女膜 178
第5章 可憐なダブルフェラ 214
(花音のアソコ、熱くなってる……!)
 股間のふくらみ全体が湿気を伴った熱を発している。最初はパ
ジャマ越しにほのかな体温が感じられるぐらいだったのが、いま
は高熱を出した子供のように熱くなっていた。
(パンツの奥も、ちょっと濡れてるみたいだ)
 唇でパジャマを上下にずらすと、その奥のパンツもつられて動
く。その感触が最初の頃よりもヘンになめらかになっていたのだ。
(花音、もっと感じてくれ。ああ、こんなもの脱がしたい……!)
 射精に向けてのクライマックスとばかり、顎がガクガクするぐ
らい口の開け閉めを速めた。
「あんっ! お、お兄ちゃん、すごい、指の先まで痺れちゃう!」