立ち読みコーナー
目次
272ページ
第1章 初恋美少女の手淫奉仕 7
第2章 可憐で無垢な幼い秘唇 57
第3章 ジュニアアイドルとの初体験 100
第4章 プールサイドの水着撮影会 147
第5章 大胆すぎる極小Tフロント 193
第6章 少女たちとの危ないパーティ 226
(あ、あ、あ……彩香ちゃんが、俺のチ×ポを触ってる!!)
 凄まじい昂奮と快感が、津波のように押し寄せた。
 ふにふにとした指腹が肉幹に絡みつき、美少女の体温をじかに
伝えてくる。性的刺激を知らない過敏な若茎は、ただそれだけの
行為で熱い脈動を打った。
(あぁ、やばい、何だよ、これ。気持ちよすぎるっ!)
 憧れの美少女の前で、情けない姿だけは晒したくない。
 しかも中身は初心な少年ではなく、二十二歳の大人なのだ。
 陽介は必死の形相で下腹部に力を込めたものの、灼熱の溶岩流
は出口に向かって一気になだれ込んだ。
(だめだ……で、出ちゃうっ!!)