立ち読みコーナー
目次
256ページ
豊満実母のいやらしい舌技に異様な昂奮に包まれ……
「んん……温泉で、あったかくなってる……とっても、熱い……」
 母はフェラチオをしつつ、片手で私の乳首を刺激してきました。円を描くように指先を乳首の周りに滑らせて、焦らしながら先端をつまんでくるのです。
 そして母のもう片方の手は、温泉の中の自分自身の股間に突っ込まれているように見えました。
 フェラをしながらオナニーをするなんて姿は初めて見ました。母も、このいつもとは違うシチュエーションに興奮しているんだと思いました。
「母さんのおま○こ、俺が気持ちよくしてあげるよ」
 私はそう言って、二人のいた位置を入れ替えました。母が岩場に腰かけて、私が湯舟の中から母の太腿のあいだに顔を入れたのです。