立ち読みコーナー
目次
320ページ
第一章 ふとしたきっかけで目覚める肉欲
第二章 運命的な出会いが女の潤いを生み
第三章 心と体を開放する快楽に堕ちていき
第四章 あからさまな誘いに滾りを抑えられず

気持ちよさそうに悩ましく腰をくねらせる人妻は……
「はぁっ、そこ……もっと舐めてぇ」
 お尻の穴は快感のためかヒクヒクと収縮しています。プールから上がった直後なのでにおいもなく、舐めることに抵抗感はありませんでした。
 それから前へ移り、股間に顔を埋めると、人妻らしく熟れて開いたワレメがそこにありました。花びらが大きくはみ出ていて、クリトリスも剥けて顔を出しています。
 そこにもむしゃぶりつくと、彼女の反応はより大きくなりました。頭上にある大きなお腹ごと押しつけるようにして、股間を私の唇にこすりつけてくるのです。
「もうダメ……早く、我慢できないっ。早く来てっ」