立ち読みコーナー
目次
272ページ
プロローグ 6
第1章 診察室での口唇愛撫 10
第2章 セーラー服の下の豊満乳房 75
第3章 歯科衛生士との野外羞恥 124
第4章 レオタードの濡れたクロッチ 169
第5章 めくるめく3Pの果て 213
エピローグ 274
 奈津美が診察台に身を乗り上げてきた。猫のように背筋を反り
返らせて、タイトスカートのヒップを突き上げ、女らしい肢体を
本間の股ぐらに埋めてくる。
「う、うう……」
 両手で太腿の付け根を掴んで、亀頭を深々と咥え込んでいく。
 強烈なピストンフェラで絶え間なく溢れる唾液が、本間の股間
に滴り落ちた。
(これが本当に……あの奈津美なのか?)
 マシュマロのような乳房が両膝の上に、ムニュッムニュッと押
し付けられ、狂おしい吐息が混じっている。
「うぅっ、もう出そうだ」