立ち読みコーナー
目次
256ページ
(ああっ、亜紀姉ちゃん、もしかして、ボクのアソコに……)
 思ったとおり亀頭の裏筋に唇が触れきた。あまりに甘美な感覚
に和真は股間を震わせて、またもカウパー腺液を沁み出させた。
「お姉ちゃんが教えてあげる」
 そう言って亜紀はペニスから顔を離すと、今度は和真の腰の上
に跨った。アソコもたっぷりと潤んでいるようで、亀頭がヌルヌ
ルと擦られて、蕩けるような快感に和真は腰を引きかけた。
 だが、それより先に亜紀がお尻をゆっくりと下ろしてきたため、
熱くぬかるむ膣に、ペニスがズブズブと呑みこまれていった。
「あぁあああああぁぁああああああああぁっ……」
 二人は同時に喘ぎ声をあげた。