立ち読みコーナー
目次
400ページ
目次
第1章 甘い誘惑の陥穽 
第2章 悪魔の奴隷ローン 
第3章 屈辱的な肉体検査 
第4章 尻振り牝犬歩行 
第5章 奴隷お披露目ショー 
第6章 残酷な女肉品定め 
第7章 魔の二穴責め調教具 
第8章 アナル懲罰の恥辱 
第9章 果てしなき絶頂パーティ 
エピローグ 

「ペニスのお仕置きもしてください……あっ!? あいっ!」
 美裕希はすぐにラビアを割って生温かいものがクレバスに入っ
てくる気配を感じた。
「あはっ、あはぁん……」
 美裕希の性器はすでに蜜液を垂らさんばかりに濡れそぼってい
るし、また唐澤のペニスも口淫奉仕による唾液と分泌液でとろと
ろになっていた。そのため、ペニスがラビアを割ってヴァギナに
侵入するのに何の支障もなかった。だが、すりこぎのように太い
肉棒がカリ高の亀頭を先頭に狭隘なトンネルの粘膜を押しひしい
で侵入する感触は、美裕希を惑乱させずにはおかなかった。
「あひっ、あはっ……あん、あぃーん!」