立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 揺れる卑猥なヒップ
第2章 車内での絶頂体験
第3章 白衣の下の豊満な乳房
第4章 覗き見た倒錯の情事
第5章 露天風呂の野外プレイ
第6章 美人痴女教師
第7章 ダブル痴漢の快楽
「どう、気持ちいい?」
 耳元で聞かれて、翔太は大きくうなずく。
 すると、綾乃は腰を前に突き出したり、後ろに引いたりする。
異変を感じた周囲の客が、不審な顔で二人を見た。
 だが今の翔太は、だからどうしたという気持ちだった。
「くぅううっ!……ああ、だめだ。ううっ!」
 思わず唸っていた。
 むっちりした太腿の肉で敏感な部分を揉みくちゃにされると、
分身が激しく跳ねて、潤みきった恥肉を打った。
「入れたいよ。入れさせて」
 こらえきれなくなって、耳元で訴えていた。