立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 女性専用車両の痴女
第2章 お嬢様の清純な秘裂
第3章 樹液に濡れた幼い唇
第4章 ネットカフェでの蜜戯
第5章 強制された処女喪失
第6章 倒錯の秘密パーティ
第7章 発情した美少女たち
 朋美がまおのぷっくりと弾む臀部の肉を両手で掴み押し広げる。幼い排泄器官が、ポッカリと小さな穴を広げたまま、まるで生き物みたいにヒクヒクしている。
「ヒカルお兄さまのザーメンを……まおちゃんのお尻に……」
 朋美の体がゆっくりと沈んだかと思うと、熱い吐息をアナルに感じた。光はまおのアナルに亀頭をあてがった。
(あぁ……押し込まれてる……)
 尻穴に感じる吐息の熱と舌先の滑り。それに押されるように、亀頭をまおのアスホールに埋め込んでいく。
 少女の肛門器官は男のモノを拒むことなく、あっとう間に亀頭を呑み込んでいく。