立ち読みコーナー
目次
416ページ
第1章 新妻への召喚状
第2章 美人秘書の秘唇
第3章 SM調教ホテル
第4章 菊蕾への懲罰鞭
第5章 恥辱のレズクンニ
第6章 異物挿入の直腸快楽
第7章 禁断の強制排泄  
第8章 M字開脚の剃毛儀式
第9章 戦慄の公開調教室
「ああっ、いただきます……」
 万浬は琢磨の許しを得ると陽根に唇を寄せ、亀頭に恭しく舌を這わせた。秘部も乳房もあらわにした四つん這いのポーズで、しかも首輪をはめられた牝犬姿で行なう口淫奉仕は彼女にみじめな境遇を思い知らせるとともに、奴隷の身分を自覚させられた。
(ううっ、御主人さまに奴隷の御奉仕をさせられている……)
 万浬は舌を懸命にペニスに絡ませながら哀しく思った。しかし、すでに身も心も奴隷の身分を受け入れた彼女は、琢磨の快楽に奉仕することしか念頭になかった。
──ビシュッ!
「ひっ、ご満足のいくようにお舐めします、あむ……」