立ち読みコーナー
目次
0ページ
第1章 バスルームでのHなイタズラ
第2章 部室にこだまする幼いあえぎ
第3章 お口いっぱいに広がる硬い棒
第4章 ピンク色の愛らしいお尻の穴
第5章 少女たちを悩ます秘密の玩具
第6章 美少女に芽生えた一途な想い
「すっごおーい。おじ様のおち×ちん、まるで……」
 あまりにも力強くて生なましい現象を目のあたりにして、性知識の少ない琴美は驚きを隠せずにはいられなかった。
「……お口で、してあげる」
 琴美は突き立った肉棒に顔を近づけると、かなり複雑な様相を見せている裏部分に唇を押しつけていった。 
 カリ首までが唇に含まれ、白石は不覚にも射精欲求が高まってくるのを感じた。
「むふうッ!」
 ピークが近いのを悟った美少女は、単純に白石をよろこばせようとの思いから茎の部分をしごき立てていった。