立ち読みコーナー
目次
0ページ
第1章 魅惑のレオタード理容師
第2章 美人社長の巨乳の谷間
第3章 お姉さまの恥ずかしい秘密
第4章 密室の童貞喪失サービス
第5章 電動チェアでの肛交
第6章 猥褻なスペシャルメニュー
「これはお礼ね」
 鼻先にある反り返りを握り締めると、セクシィな唇が亀頭に接近し、チュッと軽いキスをした。
「うはっ!」
 パンパンに腫れたものに口づけを与えた美女は、そのまま舌を出してペロリと鈴口を舐め、愛おしげに先端を口に含んだ。
「あああっ……!」
 かつて味わったことのない快感が、高校生の背筋から脳天へと突き抜ける。ペニスを包み込んでくる、温かくぬめった感触。全身までがとろけてしまいそうな、天国の快感。
(瞳さんが……。瞳さんが、僕のチ×ぽをしゃぶっている!)