立ち読みコーナー
目次
302ページ
第1章 少女の生下着の匂い          7
第2章 美人教師の公開剃毛          31
第3章 恥辱まみれの暴力教室         86
第4章 送られてきた驚愕映像         141
第5章 堕落女教師の潮吹き絶頂        208
第6章 淫靡な狂宴の果て           257
「み、見ないでぇぇぇぇっ!!」
 留美子の局部は恥毛がすべて剃られ、ふっくら盛りあがった恥
丘が目を射抜く。のっぺりした肌質は幼女のそれと変わりなかっ
たが、中心部に刻まれた亀裂の様相はまったく異なっていた。
 陰唇は簡素な縦筋ではなく、上部に厚みがあり、下方に向かう
につれて細くなっている。
 秘裂の上部に息づく包皮を被った肉突起がクリトリスだろうか。
 M字開脚しているせいか、恥割れが左右に開き、しっとりした
コーラルピンクの膣肉が微かに覗いていた。
 照明の光を反射し、悩ましくうねる粘膜から目が離せない。
(あ、あぁ……こ、これが先生のおマ×コ)