立ち読みコーナー
目次
288ページ
第1章 集団痴漢と強制射精
第2章 拉致監禁と凌辱撮影
第3章 肛虐絶頂と双子相姦
第4章 双子隷従と鬼畜調教
第5章 女捜査官と恥辱拷問
「ううっ……いやっ、弟の……弟の前ではやめてッ」
 両手をバンザイさせられたまま乳房を丸出しにされて羞恥に打ち震える少女は堪えきれずに弱音を吐いた。
「Dカップだってよ。たまんねえだろ。風呂とかのぞいたりしたことあんじゃねえのか」
 竜司はやわやわと茜の乳房を揉みながら、葵をねちねちと言葉でいたぶった。
「い、いや……お願い。見ないで、葵。ああっ……葵の前では……ああん、見ないで。お姉ちゃんを見てはだめっ」
 竜司の指が少女のピンクの乳頭をつまみ上げた。
「んうっ、くううっ!」