立ち読みコーナー
目次
320ページ
息子が彼女との恋愛相談をしてきて……
「どうやって、セックスしたらいいのか、わからないんだ」
 私は夫婦の寝室に行き、避妊具を持って倖太の部屋に戻りました。大切な息子を誘惑してくる若い女なんかに負けてなるものかと、ライバル心にも似た気持ちに衝き動かされていたのだと思います。
「じゃ、ズボンとパンツを脱いでくれる」
 軽く上下にしごいただけで、おチ○チンがどんどん大きくなってきて……。
 あっという間に勃起し、血管が無数に浮きあがりました。ぷっくりした亀頭、根の張った雁首。膨張率がすごくて、夫のモノより逞しいモノが眼下で跳ねあがったんです。
 息子の好奇の眼差しを一身に浴びるなか、女の部分からは、熱い粘液が溢れだしていました。