立ち読みコーナー
目次
256ページ
あ、ほかの人にも見られてる。恥ずかしい、でも……

「思ったとおり、すごい濡れっぷりだよ、奥さん」
「あ、あぁ、ほ、本当に入って……あぁっ」
 ずぶずぶ、めりめり……まるで二十代の若者みたいに硬くて太いものが、私の中にめり込んでいきました。
 すると周りのカップルも私たちの様子に気づいたのか、よがり声が少し収まってじっと私たちに視線が注がれています。そのいやらしい視線を感じながら、私は完全に彼のものをあそこで呑みこんでしまったのです。
「おぅ、いい締めつけだよ。奥さん、子どもいるの? とてもそうは思えないほど、ボクのち○ぽを締めつけてくるよ」
「あ、あなたのも、すごく太くて硬いっ」