立ち読みコーナー
目次
256ページ
夫の部下に寝取られて味わった背徳感と絶頂感……

「すごいです……もう……こんなに濡れて……熱くなって……」
 彼は両手で左右のヒダをマッサージするように撫でさすり、ゆっくりと外側に向かって引っ張ります。その間も私の膣口からはジュースが溢れているのが、はっきりわかったんです。
「あぁん……恥ずかしいぃ……」
 彼は私の下に自分の体を滑り込ませてきて、シックスナインの体勢になりました。そして今度は自分の目に前にきたラビアをさらに左右に拡げたんです。
 そして私の目の前には猛った、としか言いようのないオチ○チンの先端がユラユラと誘うように揺れていました。私はそこに唇をかぶせ、根元まで味わったんです。