立ち読みコーナー
目次
256ページ
浮気された者同士が結ばれ傷を舐め合い……
「あああ、いやっ……気持ちいいっ!」
 姿勢のせいか、頼子さんの膣道はくの字に折れ曲がっていました。ペニスはそこでこそげられ、私も強い性感を覚えました。
 私はつい言ってはいけない言葉を口にしました。
「ぼっ……ぼくもすごく気持ちいい。ぼくたち、相性ぴったりなのかも」
 頼子さんの腰に両手を添え、私は歯を食いしばってピストンを開始しました。
 頼子さんのお尻の穴も丸見えです。その日初めて知り合った女性のお尻の穴まで見つめることになるとは、それこそおとといまで夢にも思いませんでした。