立ち読みコーナー
目次
256ページ
主人の目を盗んで野卑な修繕業者と……

 ハンサムではありませんが男臭さがあり、でもどこか少年ぽさも残っている感じで、私はひと目見て彼のことを気に入ってしまいました。彼の胸に手を当ててさりげなく乳首を探ってみたり、体が触れあったときには「あん」とエッチな声を出してみたり、あらゆる手段で積極的に彼を刺激するように努めました。
 数日が経った頃、私たちは屋根裏で抱きあっていました。
「いいでしょう? 俺、ずっと我慢してたんスから……」
 彼は耳元で囁いて、手をスカートの中に突っ込んできました。
「あはぁっ……あぁっ、ダメッ……感じすぎちゃうから……」
 ヌルリと指が入ってきたと思うなり、Gスポットを小刻みに突き上げられ……。