立ち読みコーナー
目次
256ページ
息子に愛撫されたとたん痺れるような快感が……
「なぁ、俊明、そげなにされたら、母ちゃん、もう……」
 両手で白装束のすそをギュッと握って、感じちゃいけないと思えば思うほど、自分の意思に逆らって強烈な快感が全身に広がっていくようでした。
 あぁっ、私、息子にさわられよって……感じとる。
 ショーツのクロッチ越しにヴァギナをやみくもにいじる俊明の指が、ときおり出会い頭のようにクリトリスを弾いて、私はビクビクッと反応してしまいました。
「ね、俊明、そげにあせらんでも……」
 延々と続く息子のぎこちなく無遠慮な愛撫で、私の下半身にはしびれるような感覚がわき上がり、全身に性欲がまとわりついてきました。