立ち読みコーナー
目次
256ページ
可愛い息子にあそこを舐められ、あまりの気持ちよさに……
「母さん、母さんのおマ○コ、すごくおいしいよ」
「いや、だめ、だめよ、よしなさい」
「母さんだって、ぼくのを舐めてくれたじゃないか」
「男と女は……違うの」
「何が違うの?」
「あ、あはぁぁぁぁぁあぁっ」
 いちばん敏感な箇所を舐められ、私は身をのけぞらせました。
 舌先が跳ね躍り、はたまたクルクルと回転し、夫よりも全然うまいのです。
 クリトリスがひりつき、知らずしらずのうちにお尻が浮き上がりました。