立ち読みコーナー
目次
256ページ
第1章 童貞の肉棒を這う細い指    7
第2章 過激な下着に包まれた肢体   47
第3章 ぬかるんだ媚肉の締めつけ   95
第4章 美熟女の悩殺フェロモン    132
第5章 早熟少女の大胆な誘惑     169
第6章 狂乱と戦慄の淫楽世界     210
 欲望の奔流に呑みこまれ、頭の中が瞬時にして霞がかる。
「あっ、出る、出ちゃうっ!」
「出して。白いミルクいっぱい出すとこ、叔母さんに見せて!」
 腰に熱感が走った瞬間、慎吾は怒張の先端から白濁液を一気に
ほとばしらせた。
「きゃっ!」
 濃厚な一番搾りは高々と跳ねあがり、豊満なバストを打ちつけ
る。そして二発、三発、四発と、飽くことなき放出を繰り返した。
「ああ、ああ、ああぁぁぁっ」
 射精の勢いは衰えず、重たげな乳房を白濁に染めあげていく。
「すごい、すごいわぁ」