立ち読みコーナー
目次
256ページ
秘密の人妻不倫サークルに誘われたあげく……
「だいじょうぶ。絶対にバレない、後腐れのない関係だから……」
 相手を用意したと松下さんから連絡がきて、私はまだ名前も知らないその男性と、ひとまず会うことになりました。
「いやぁ、ずっと前から奥さんのこと、いいなあって思ってたんですよ。今日はホント、感激ですよ……」
 どうやら向こうは相手が私だということを知っていたようなんです。
「あんっ……んっ……!」
 完全に不意を突かれました。
 ご近所さんの舌先で洗ってもいないアソコを舐められる……そんなことが自分の身に起こるなんて、思ってもみませんでした……。