立ち読みコーナー
目次
256ページ
長いこと忘れていた男性の逞しい感触が……
「いい? じっとしてなさい。絶対に動かないで」
 そう言いつけると、私は舌をぺろりと出して亀頭を舐めていたのです。 
 男性のペニスに口をつけたのは、これが初めてです。以前は頼まれても絶対にやらなかったフェラチオを、私は自分の意思で始めていました。
「ううっ、先生……」
 舌を這わせていると、頭上から彼のかすれた声が聞こえてきました。
 彼のペニスは高校生にしてはずいぶん立派なのに、色だけは初々しいピンク色です。噂では相当に遊んでいると聞いていましたが、こう見るとやはり大人にはない新鮮さが目立ちました。
 それに舐められている彼の反応は、いかにも気持ちよさそうだ。