立ち読みコーナー
目次
256ページ
制服のスカートに包まれたスケベなお尻に手を……
「店長さん……お尻が、好きなんですね」
 そう言われてカッと顔が熱くなった私は、逆にこれでもかとお尻の肉に指先を埋め込んで、ヒップの割れ目が大きく閉じたり開いたりするほどもみつけたんです。
「イヤイヤ、そんなに広げちゃ」
 責め立てる指から逃げるように沙理奈さんの腰が前後に振り込まれて、恥骨を包むぷっくりふくらんだ肉が、反り返った逸物をグッ、グッと押し込んできました。
「あ、すごい……どうしよう、当たって……」
 私の指はスカートの下にパンティのラインを感じていました。