立ち読みコーナー
目次
256ページ
腰を揺するたび、肉壁とペニスがこすれ……
「ふふっ、私もセックスをするの久しぶりだから、燃えてきちゃったわ」
 奥さんも次第に感じてきているようでした。私の動きに合わせて
「んっ、んっ」と声を出し、艶かしく表情を変化させていました。
「ああ……たまらないわ。いまみたいに強く突かれると、おかしくなっちゃいそう」
 と、喘ぎながら私の両腕にしがみつき、背中をのけぞらせています。
 私はペニスを突き刺しながら、目の前で揺れる大きな胸を力を入れて握り締めました。限界が近づいてくるにつれ、私の腰づかいや手つきも荒々しくなり、ひたすらガンガンと腰を打ちつけていました。
「あっ、ひぃっ! そんなに奥までっ、すごいっ!」