立ち読みコーナー
目次
288ページ
友人の不倫相手に言い寄られてしまった末に……
「だめ……だめよ」
「だめって言いながら、チ○ポから手を離しませんよね?」
 彼の言うとおり、私はドクドクと脈打つペニスを、力強く握りこんでいました。
 恥ずかしさで顔を真っ赤にさせながらも、指が吸いついてしまったように離れなかったんです。
 佐久間さんは耳元でエッチな言葉を囁きながら、指の動きを速めました。
 気持ちがよくて、私はただヒップをくねらせるばかり。熱い溜め息を盛んに放ち、舌先で唇をなぞりあげてさえいました。
「はあっ……はあっ、あぁぁンっ」
 私は身を捩り、自ら佐久間さんの唇に吸いついていました。