立ち読みコーナー
目次
256ページ
スカートの裾をまくり、そのまま中に手を……
「……い、いやッ」
 と発したときには宅配員の伊沢さんの手がショーツの中にすべり込んでいました。
「奥さん、もうグチャグチャじゃないですか」
「ち、違うんです……これは……ああぁっ!」
 髪を振り乱す私をもてあそぶように、ヴァギナがいじくり回されました。すその中からネチャネチャと、蜂蜜をかき回すような音が沸き上がってきました。
「あッ、うッ、そんなにさわらないで、ください!」
 私が訴えても、伊沢さんの指が止まる気配はなく、割れ目を往復していました。