立ち読みコーナー
目次
256ページ
熟年夫婦が痴漢プレイで大胆に燃え上がり……
 電車に乗り込んだ私たちは、車両の接合部近くに立っていたのですが、視線は後ろ向きに立つ妻のヒップに注がれていました。
 丸々としたお尻の膨らみは、ふっくらとしていて、とても柔らかそうでした。この状態でヒップにタッチしたら、妻はどんな表情を見せるのだろう。生唾を呑みながら、震える指をそっと伸ばしていきました。
 そして太腿の側面から、指先をツツッと這わせ、弾力感溢れるヒップを撫でまわしてみたんです。
「あっ……」
 小さな悲鳴をあげた妻の股間は大量の愛液で濡れそぼっていました。ちょっと指を動かしただけでも、クチュンと淫らな音を響かせたのです。
 初めて目にする妻の複雑な表情は、私に凄まじい昂奮を与えました。