立ち読みコーナー
目次
256ページ
義母に童貞を奪われた強烈な快感の記憶

「どう? 気持ちいい?」
 義母はクスッと笑うと、唇を私のペニスに近づけていき、ぺろりと舐めました。
「はうううっ……」
 それが私にとって初めてのフェラチオ体験でした。
 温かくてヌルヌルした義母の口の中の粘膜がねっとりと締めつけてきて、さらにその状態で首を前後に動かされると、もうたまりません。
 童貞の私には、その快感は強烈すぎました。
「ああっ、ダメだよ、お義母さん! はっうううう!」
 私のペニスの中を熱いものが駆け抜けていきました。そして、ビクンと激しく脈動しながら、義母の口の中に射精してしまったのです。