立ち読みコーナー
目次
288ページ
熟女にトランクスを脱がされると驚くほど硬直したものが……

「まあ……すごいわ。キスだけで、もうこんなになってるなんて……」
 綾子さんはため息をもらしながら、ぼくのペニスをじっと見つめました。そしてぺろりと唇を舐めまわしたんです。
「まずはフェラチオで気持ちよくしてあげるわね」
 そう言うと綾子さんはぼくの股間に顔を近づけてきて、ペニスの裏筋につーっと舌を這わせました。
「ううッ……」
 ぬるりとした感触が根元のほうから先端にかけてすべり抜け、ぼくは全身がカーッと熱くなってしまいました。
 ついには先端から一気に口の中に呑み込み、締めつけてきました。