立ち読みコーナー
目次
272ページ
第1話  淫らすぎるセールス 
第2話  セクハラクリニック
第3話  元上司の「呼び出し」
第4話  教え子への禁断奉仕 
第5話  同級生との危ない遊戯
第6話  快楽を運ぶ宅急便
「奥さん、グショグショ、ですよ」
「イヤッ! やめて、信じられない」
「奥さんも、電話じゃ、我慢できなかったんですね」
「ち、違う……それは……ああぁっ!」
 言い訳をする間もなく、女の割れ目が弄くりが回されていた。
スカートの中からネチャネチャと、蜜壷を掻き回すような音が沸
き上がってきた。そのうちにクリトリスの皮を剥き、擦ったり、
弾いたりするのが伝わってきた。
 ビクッ、ビクビクッと、下半身が何度も跳ね上がった。
「あッ、うッ、そんなふうに触ったら、ああッ!」
 クリトリス捏ね回しながら、何本もの指が粘膜を往復した。