立ち読みコーナー
目次
256ページ
第一章 近親者に注がれる歪んだ欲望
第二章 倒錯した昂りに衝き動かされ……
第三章 火照る肉体が背徳の交わりを求め
第四章 禁断の関係が増幅する肉の悦び
ああっ、もう、どうなってもいいの……
「あぁ、あぅ、気持ちいい」
 パンツ越しに尿道口を舌先でほじり、亀頭をすっぽりと唇に含んで、むさぼり、吸い上げました。大量の唾液を吸ったパンツから、ジュルジュルと音が響きました。
「母さんが、そんな……エロい舐め方するなんて」
 そうして私は、ようやく啓介のパンツを引きずりおろし、ペニスを根元まで剥き出したんです。張りつめた亀頭が弾け出して、太い幹がそそり立ちました。
「はぁ、はぁ、啓介のチ○チン、すごく……お、おっきい」
 間近に見る息子のペニスは、迫力たっぷりに迫ってきました。